北欧・バルト海クルーズの旅その10

北欧・バルト海クルーズの旅その10
北欧・バルト海クルーズの旅その10
北欧・バルト海クルーズの旅その10
北欧・バルト海クルーズの旅その10
北欧・バルト海クルーズの旅その10
トームキリクから、おとぎ話に出てくるような町並みをどんどん奥の方へ歩いて行くと展望台があり、そこから市街地を一望することができます。
観光客でごった返していて、景色を楽しむのは難しいですけどね。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

北欧・バルト海クルーズの旅その9

北欧・バルト海クルーズの旅その9
北欧・バルト海クルーズの旅その9
北欧・バルト海クルーズの旅その9
北欧・バルト海クルーズの旅その9
北欧・バルト海クルーズの旅その9
タリンのトームペア城の正面にあるのがアレクサンドル・ネフスキー聖堂です。
このロシアによって建てられたロシア正教教会は、エストニアの人々にとっては、あまりいいものではないようです。
この玉ねぎみたいな屋根の造りがロシアの教会って感じがします。
ここからおとぎ話に出てくるような町並みを歩いて行くとエストニア本土で最古のトームキリク…大聖堂があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北欧・バルト海クルーズの旅その8

北欧・バルト海クルーズの旅その8
北欧・バルト海クルーズの旅その8
北欧・バルト海クルーズの旅その8
北欧・バルト海クルーズの旅その8
北欧・バルト海クルーズの旅その8
クルーズ3日目、エストニアの首都タリンへ上陸しました。
旧市街地は世界遺産となっていて、この日はオールドタウンのウォーキングツアーに参加しました。

とにかく歩いて!歩いて!歩きまくり!

トームペア城や南側にある塔のっぽのヘルマンは、現在政府の一部となってるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北欧・バルト海クルーズの旅その7

北欧・バルト海クルーズの旅その7
北欧・バルト海クルーズの旅その7
北欧・バルト海クルーズの旅その7
北欧・バルト海クルーズの旅その7
北欧・バルト海クルーズの旅その7
2日目の夕食はキャプテン主催の歓迎パーティーがあり、ドレスコードはフォーマルです。
キャビア、フォアグラのパテ、メインのロブスター、デザートはクリームパフを頼んだら、コレも食べろ!と言わんばかりに本日のオススメデザートも持って来た!

ディナーの後はプロダクションショーという船内でショーを観ました。
レントやウィキットなどミュージカルの場面を取り入れた歌と踊り…ラスベガスなどのショーと比べるとこじんまりしているけど、それなりに盛り上がり楽しいです!

| | コメント (15) | トラックバック (0)

北欧・バルト海クルーズの旅その6

北欧・バルト海クルーズの旅その6
北欧・バルト海クルーズの旅その6
北欧・バルト海クルーズの旅その6
北欧・バルト海クルーズの旅その6
北欧・バルト海クルーズの旅その6
夕食後は、お部屋でのんびりしたり、ショーを観に行ったりショップでお買い物をしたり、やる事はそれ以外山ほどあります。

なんと!
お部屋にフルーツバスケットもありました!

乗船2日目は1日中、海の上でした。
朝はゆっくりして船内のアクティビティに参加しました。

ヤマハのキーボード教室とか、コンピューター教室とか、ベルリッツの語学講座なんかもあり、せっかくだからロシア語学講座に参加してみました。

ロシア語学講座の先生はガリナ先生という女性の先生です。
先生、いきなりロシア語で『ヤー ガリナ(私はガリナです)トゥイ?(あなたは?)』とまぁ、こんな感じだったかと…

オーチン プリヤートナ(はじめまして)
ダー(はい)
ニェット(いいえ)
ズドラーストヴィチェ(こんにちは)
ダ スヴィダーニャ(さようなら)
スパスィーバ(ありがとう)

いろいろな国の人がいて日本人はBIBINBA達2人だけでした。
面白かったです!

お昼はシュリンプカクテル山盛りで幸せ!


お船が海の上の時は、カジノがオープン!ビンゴ大会もあります。
そしてショップもオープン。
ショップは3つあり、どこも高級な品物ばかり…カジュアルクルーズでは10ドルショップといって10ドル均一のショップがあり、よくイヤリングとネックレスのセットを買いますが、ここはシャネルやエルメスなどなど…ロゴショップも小さく品数も少なかったです…残念!
でもロゴの入ったトラベル用の目覚ましを買っちゃった!

午後もブラブラして、のんびりお部屋で過ごしてもいいし、プールのデッキでお昼寝もいいし、みんながみんな思い思いに過ごしています。
スパ&エステ、プロのゴルフクリニック、パドルテニス、卓球なんかもあり1日中お船にいても飽きないです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北欧・バルト海クルーズの旅その5

北欧・バルト海クルーズの旅その5
北欧・バルト海クルーズの旅その5
北欧・バルト海クルーズの旅その5
北欧・バルト海クルーズの旅その5
北欧・バルト海クルーズの旅その5
ホテルへ戻り、荷物を持ってコペンハーゲン中央駅のタクシー乗り場へ行き、港へ行きました。
なんと!JCBプラザのおじ様に教えて頂いて良かった。
しかも、港は人魚姫のすぐ近くだったのです。

タクシーで港に着くと、すでにチェックインは始まっていて、今までで一番時間のかからない楽チンな手続きでした。
ただ、急にもらったインフルエンザの質問書が意味がわからなく、ちょっと面倒だったかな。

今回のお船は、クリスタル・シンフォニー♪

アクティビティズ・ホステスで日本人の女性Mさんも乗船しているので心強いです。

お船のお部屋はホテル並みで、とっても快適!バスルームにも2つのシンクがあるし、冷蔵庫のソフトドリンクは飲み放題!
今回はベランダもついています。

お部屋の担当はエダという女性で、可愛いのですが…ちょっと足りない子です…笑
廊下ですれ違う時もハァ〜イ!と挨拶しながら自分で壁にガン!とぶつかって行く子です。
備品の補充がされてない事はしょっちゅうで、冷蔵庫とかドアが開きっぱなしとか…でも憎めない可愛い子です。
まぁ、スピーディーなサービスを求めているなら、間違いなくクレームになると思います…笑

乗船後に早速、向かったのはレストランの予約!
特に人気のあるアジアンフードのレストラン、シルクロード&寿司バーはアメリカで有名なシェフNOBUのプロデュースです。
早くしないと予約がとれないという事で、急いで予約をしに行きました。
後、ついでに?イタリアンレストランのプレゴも予約しました。

初日の夜はメインダイニングでカジュアルディナーです。
担当のシニアウェイターはインドの方、ウェイターはブラジルの方でした。
この2人が、とっても面白くて名前が難しいのでニックネームを付けました。
インドの方は面白くてお調子者?なので親しみを込めてアイツと呼び、ブラジルの方は一見イタリア人?って感じでナヨナヨしてるのでナヨちゃんと密かに呼んでいました。
でも、このナヨちゃんがとっても気配りがあるんです!
旅友SちゃんとBIBINBAはナヨちゃんのファンになりました。

夜になっても、まだ明るくて…なんだかまだ夕食の時間じゃないみたい。
まだまだ外は、明るいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北欧・バルト海クルーズの旅その4

北欧・バルト海クルーズの旅その4
北欧・バルト海クルーズの旅その4
北欧・バルト海クルーズの旅その4
北欧・バルト海クルーズの旅その4
北欧・バルト海クルーズの旅その4
フレデリクス教会から歩いて行くと、ニューハウンと呼ばれる港に着きます。
ここは、童話作家のアンデルセンが生前好んで住んだという場所です。
黄色や赤などカラフルな建物があり、可愛い感じがします。
ここから歩いてコンゲンスニュートーゥという広場まで行き、ダングレテールホテルのわきからコペンハーゲンで一番賑やかな通りストロイエを歩きます。
高級ブティックのエルメスやシャネルやルイヴィトンなど、またカジュアルなベネトンなど、いろいろなお店が並んでいます。

そこで気になったのが、ロイヤルコペンハーゲンの本店です。
ここでは、お店の地下にアウトレットがあったり、お茶を飲むスペースがあったりするのですが、時間を決めて店先で絵付けの作業をしているところが興味深かったです。
絵付けをしている方に写真を撮ってもいいか聞いたら、快くOKしてくださり、描いているお皿も絵がだいぶ入っているお皿に替えて写真を撮らせてくれました。
素敵な方です。

通りを真っ直ぐ行くと市庁舎の前に出ます。
そこにはアンデルセンの像があり、彼のお気に入りのチボリ公園を見つめています。

この日は、チボリ公園が物凄く混んでいたので、入場は諦めました。
入口の近くに、ハードロックカフェとビルドアベアーがあり、お買い物。

その後、ホテルの近くまで戻り、JCBプラザへ行きました。
建物の入口も余りよくわからず、なんとフロアに入るのに中から鍵を開けてもらわないと入れないのです。
ここで適当に港までタクシーで行ったらどのくらいか?所要時間など聞いて、しばらく休憩してトイレを借りました。
海外ではJCBプラザをよく利用致します!
カード会員だと無料でお茶飲んで涼んで、綺麗なトイレ借りて…是非、お試しください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北欧・バルト海クルーズの旅その3

北欧・バルト海クルーズの旅その3
北欧・バルト海クルーズの旅その3
北欧・バルト海クルーズの旅その3
北欧・バルト海クルーズの旅その3
北欧・バルト海クルーズの旅その3
2日目は、コペンハーゲンの街を歩いて観光!

お船の乗船は12時からで、お部屋は15時から使えます。
出発は19時なので朝食後、荷物をホテルのフロントに預けて出かけました。

コペンハーゲン中央駅から2つ目のオスタポート駅で降りて人魚姫の像まで行ったのですが、最初に降りる駅を間違えて2人で路線図を広げて見ていると、なんと!イケメンのお兄さんが声をかけてくれました。
振り出しに戻るつもりで、コペンハーゲン中央駅へ行きたいの!と言うと、ついて来て…と、そのイケメンがホームまで案内してくれて、ここから出る電車は、どれもコペンハーゲン中央駅に行くから…と親切に教えてくれました。
素晴らしい!

オスタポート駅から星型の砦カステレット沿いを歩いて行くと…いたー!人魚姫!
これが世界三大ガッカリねぇ〜と、納得して写真を撮りました。

ここから現在、王室の居城となっているアマリエンボー宮殿に行き丁度、衛兵さんの交代式を見ることができました。
観光客…特に中国語を話す方達ですがマナーが悪い!
じっと立っている衛兵さんの横にピッタリと立って写真を撮ろうとするのですが、衛兵さんはお仕事だから必要以上に近づくと怒る訳です。
それを怒られている意味がわからないのか?平気で笑いながら写真撮ってるんですねぇ。

少し歩くと近くにはフレデリクス教会という教会があります。
有名なのかな?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

北欧・バルト海クルーズの旅その2

北欧・バルト海クルーズの旅その2
北欧・バルト海クルーズの旅その2
北欧・バルト海クルーズの旅その2
北欧・バルト海クルーズの旅その2
朝食は、シリアルやパンやペストリー。
シリアルとパンが入ってるのは布でできたバケツです。
なんか見た目が、とってもおしゃれ!北欧スタイルってやつですね。

さて、きゅうりにかかってるのはヨーグルト!
ドレッシングと間違ってドバっとかけてしまい気が付いた時は…まぁ、それなりにいただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北欧・バルト海クルーズの旅

北欧・バルト海クルーズの旅
北欧・バルト海クルーズの旅
北欧・バルト海クルーズの旅
北欧・バルト海クルーズの旅
遅くなりましたが…
夏休み!
8月4日から13日まで旅友Sちゃんと北欧・バルト海クルーズへ行きました。
今回は、クリスタルクルーズのシンフォニーという船です。
デンマークのコペンハーゲンからエストニアのタリン、ロシアのサンクトペテルブルグ、スエーデンのストックホルムまで8日間の船旅です。

飛行機は第一希望だったエールフランス、タイ航空が取れなくて、スケジュールの都合でスカンジナビア航空と迷ったのですが結局、ノースウエスト航空と提携しているKLMオランダ航空にしました。
ヨーロッパ線のマイルは大きいしね。

そうしたら成田空港でオーバーブックのお知らせと共にビジネスクラスへのアップグレード!
やっぱりKLMにしておいて良かった〜。
楽々シートと美味しいご飯です!
長時間のフライトもぐっすり横になって寝られたので、快適でした。

アムステルダムに到着して、乗り継ぎのターミナルまでテクテク歩いて行き、かなり歩いて行くと…機内食でお腹は、いっぱいだけど途中の売店で飲み物だけ買う事にしたら、ペットボトル2本とチーズのパック1つで1,000円越えちゃった!
高い?よね?
チーズは日本で買った方が安いのか…ペットボトルも高いと思うのは気のせい?

さて、コペンハーゲンまでは短いフライトだったので機内食はサンドイッチと飲み物だけの軽食でした。
実は、シェンゲン協定で最初の到着地オランダで入国審査をしたので気分は国内線って感じでコペンハーゲンに到着しました。

空港で円からデンマーククローネに両替して、空港直結の国鉄に乗って3つ目のコペンハーゲン中央駅で降り、この日のお泊まり、ホテルアストリアに到着です。
駅の目の前にあるホテルは古くてこじんまりしていますが、改装をしたばかりなのでそこそこ綺麗です。
1泊だったら、まぁ良いか…って感じ。

疲れたので、この日は日本から持ってきたおにぎりとチーズで軽く夕食をとり、お部屋で過ごしました。

部屋からはコペンハーゲン中央駅が見えるのですが外は夜の10時頃でも、まだまだうっすらと明るく朝も早くから明るくなり、なんだか変な感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«BIBINBAのお部屋 IN ニコッとタウン